Butterfly’s TRICK #21

Date 2018/09/15
Venue R Lounge 7F
Entrance Fee Door 2,500JPY / Discount 2,000JPY
Actors DJ Shimamura, MAD CHILD, 204, cochaMe, nora2r, CIELY, Discofluxx (as Clavia MAXXHEART), ANKI, kei-9, SPYKEY
ディスカウントフォームはこちら!!

Hard grooveに重点を置いたパーティー「Butterfly's TRICK」が、大好評につき再びR Loungeにて開催!
Hardcore界の金字塔DJ Shimamuraを筆頭に、MAD CHILD204cochaMenora2rをゲストに招聘し、トレンドに沿ったクールでハードなサウンドでフロアを熱くする!
今回も、テキーラガールやダンサー、そして「Butterfly's CAFE」と称したフードブースをオープン。豪華要素が詰め込まれたパーティーが今ここに。

※入場の際、ご飲酒希望の方はIDチェックをさせて頂きますので、顔写真付きの身分証明書(生年月日記載)をお持ち下さい(コピー不可)。ご本人様と確認出来ない場合はご入場をお断りする場合がございます。
※飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
※スタッフの指示に従っていただけない場合は、その場でご退場いただく場合もございますご了承ください。
※会場内外で発生したトラブル、事故、盗難、紛失、怪我等は主催者、会場、出演者は一切責任を負いかねます。
※当日、フォトスタッフによる写真の撮影等が行われ、公開される可能性がございます。



DJ Shimamura


DJ Shimamura
HARDCORE RAVEアーティスト/DJ。
2001年に国内初のハードコアレーベル『DYNASTY RECORDS』を立ち上げ、2015年にはBlock FMにて番組『RAVE-A-RIDE』をスタートさせるなどシーンの牽引役を果たしている。

HARDCORE RAVE (UK HARDCORE / HAPPY HARDCORE)をメインに、BREAKS・RAVE・JUNGLE・OLDSKOOL・HARD DANCEなどロンドン郊外のティーンエイジレイヴを彷彿とさせるプレイは多くのファンを作っている。

m-flo、London Elektricity、Deco*27、NIRGILIS、GRANRODEOなどの公式リミックスも手掛けており、2018年3月にリリースされたQ-Tex - The Power Of Love (DJ Shimamura Remix)はBeatport HARDDANCEチャートにて1位を記録。国内外より大きな評価を得ている。

コンポーザーとしても、アイドルへの楽曲提供やマルチアーティスト榊原ゆいに提供した「Eternal Destiny」「Ready Go!」が記録的なセールスをはたしている。人気ゲーム『beatmania IIDX』シリーズにも楽曲を提供しユーザーからの支持を獲得している。
自身の作品では、UKの大手ダンスコンピレーションにトラックが収録され、音楽誌『M8』にて人気DJ「Kutski」がベスト5に選んだり、アルバムリリース時にはBBC Radio 1の中で特集が組まれ、3週連続ヘビープレイされるなど、海外でも多くの支持を集めている。

DJでは《So Stoked(アメリカ・サンフランシスコ)》《HARDCORE UNDERGROUND (イギリス・ロンドン)》《Hardcore Synergy (アメリカ・シカゴ)》《Hardcore Havok (アメリカ・ハワイ)》《CCG(中国・上海)》《Nocturnal Commissions (カナダ・トロント)》などに出演。国内でも新木場ageHa、渋谷clubasia、秋葉原MOGRAを中心に全国のパーティーに出演。


MAD CHILD


MAD CHILD
Tech Danceを基軸としたハードサウンドプロデューサー/DJ。
2007年、NISH『VINYLIZE ANTHEM 2007』のリミックスに参加し、12″デビュー。
翌年、Energize JP RecordsよりリリースされたMunetica feat. R『Still As Death (Mad Child Remix)』が
UKの大手楽曲ダウンロードサイト「Track It Down」にてHARD DANCE CHART 2008 TOP20にランクインを果たし、
Ministry of Sounds『Euphoria Hard Dance Awards 09』に収録され日本のハードサウンドのプロデューサーの一人として
大々的に認知されることとなる。
現在はR135 Tracksを中心に国内外のレーベルより数々のオリジナル&リミックスをリリースし、
その他コンピレーションCDやKONAMI「beatmania」シリーズへの楽曲提供、サウンドアレンジ、
そしてパーティーのプロデュース等幅広く活動し、ダンスミュージックの認知度向上にも力を入れている。

2013年、自らがA&Rを務めるR135 Tracksのサブレーベル「Madstiff Tracks」をスタート。


204


204
2009年にDJキャリアをスタート。ScouseHouse、HardHouseを軸とした「笑って騒げる、カッコイイよりも面白楽しい」スタイルを追究、都内を中心に活動中。DJ活動と並行して楽曲制作も行い、Scouse!TOKYO 2009の際にリリースされた「Scouse!TOKYO Presents - DONK BASS BOOTLEGS」に楽曲が収録されたのを皮切りに「J-CORE MASTERZ」「MPT -BASTARD POP TERRORISTS-」「X-TREME HARD COMPILATION」等の各種コンピレーションに参加、Remix・楽曲提供をする傍ら、自身のアルバムをこれまでに3枚、EPを2枚発表。


cochaMe


cochaMe
北関東在住のfemale Hard Dance Music Producer/DJ。

元々ヴィジュアル系ロックバンドの熱狂的なファンであったが、トランス全盛期のクラブで耳にしたHard Dance Musicに衝撃を受け、2007年地元・栃木にてDJデビュー。
その後活動の場を東京にシフトし、2015年にはHARDシーンの最重要パーティー"EXTREMA"/"TOKYO HARD GROOVE SESSION"のクルーに抜擢されるに至った。さらに2016年よりALL HARD DANCE MUSIC PARTY "ENIGMA"の創設にも携わり、以降、海外ハードスタイル/ハードダンスクリエイターの招聘に力を注いでいる。

2016年、制作活動を始動。デビュートラックがJapanese Hard Danceレーベルの雄、"exbit trax"のコンピレーションCDのタイトルトラックに採用されたのを皮切りに、同レーベルのレジデントプロデューサーに名を連ねることとなった。
2017年にはオーストラリアのHard Danceレーベル"Electric Releases"より自身初のリミックスワークが全世界リリースとなり、TrackitdownのHard Danceチャートで1位を獲得。
とりわけHard House / Hard Tranceへの造詣が深く、制作するトラックにもその影響が色濃く出ている。
業界でも数少ない女性のHard Dance Music Producer/DJとして、今後益々の活躍が期待されている。

なお、スーパーマリオで3番目に好きな敵キャラはキャサリン。


nora2r


nora2r
北海道出身。UK HARDCORE / HAPPY HARDCOREを中心としたトラック制作を行っている。代表作は『B.B.K.K.B.K.K.』『GO BACK 2 YOUR RAVE』『Access To The Light』など。
2013年よりDJとしての活動を開始し、様々なジャンルのイベントに出演、経験を重ねている。
ハードコアを中心とした選曲をし、フロアにいるみんなが笑顔になれるようなプレイで全国各地を沸かしたりしている。